測量士・測量士補について
測量士・測量士補 資格取得後は
測量士・測量士補の資格を取得する
測量士・測量士補を通信講座で学ぶ
サブメニュー
お勧めリンク
■測量士・測量士補試験のポイント

測量士・測量士補の国家試験は大変難関であるため、試験に対してある程度ポイントを絞った学習方法を取り入れる方が、効率的に合格に近づくことが出来ると思います。

 

まず、測量士・測量士補の実際の国家試験の内容を把握しましょう。
午前は択一試験で、午後は記述試験となっています。

 

午前の試験は、7分野5択の問題ですから、過去の問題などを繰り返し学習すると良いそうです。
午後の試験は、必須が1分野、選択が2分野となっていますが、準備としては、最初の内は選択科目を2分野に絞らずに3-4分野で学習するようにします。それは、2分野に限定してしまうと、途中に苦手な分野ということが判ってからでは手遅れになってしまうことがあるからだそうです。

 

また、実務経験のない人の場合は、「写真測量」は選択しない方が良いと言われています。

Copyrightc 2008 sokuryou-shiken.com
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。